物販副業で稼ぐなら転売がおすすめ!

 

石井
こんにちは、石井道明です!本日は、なぜ副業で転売がおすすめなのかについて説明していきますね!

ブッパン君
お、どうしてなんだろう?

物販副業で稼ぐなら転売がおすすめ

 

物販で副業収入を得たいと思った時、候補の一つとして挙げられるのが「転売」というビジネスです。

自分でオリジナル商品を作って販売していくのは、かなり費用と労力が必要になるのに対して、人気のある商品を購入して高値で売る転売は比較的簡単にできるというメリットがあります。
メルカリやヤフオクといったプラットフォームを利用すれば、月に数万円の収入を得ることもそれほど難しくはないのです。

この記事では、副業物販で稼ぐ為の「転売」という選択肢について解説していきたいと思います。

転売で稼ぐ方法

転売で稼ぐと言っても、経験のない人にとっては詳しいやり方がわからないはずです。

「物を仕入れて高く売る」というシンプルな物販システムであっても、「どこから商品を仕入れるの?」「どんな商品を仕入れればいいの?」「どこで売ればいいの?」というような疑問が出てくるかと思います。これらを簡単に説明していきましょう。

まず、転売には大きく分けると4つのビジネス方法があります。

海外から商品を輸入して転売する

    海外から仕入れるのであれば、「eBay」や「海外Amazon」「タオバオ」「アリエクスプレス」といった所から商品を仕入れて日本のメルカリやヤフオク、日本のAmazonで転売する方法。

    日本で商品を仕入れて海外に転売する

    ヤフオクや日本のAmazonから商品を仕入れて「eBay」や「海外Amazon」に転売する方法。

    店舗で安売りしている商品を仕入れて転売する

    家電量販店やドン・キホーテといった店舗で特売(安売り)している商品を仕入れて、メルカリやヤフオク、Amazonなどで転売する方法。

    メルカリやヤフオクで仕入れてAmazonで転売する

    いわゆる「せどり」の方法で、本やDVDといった商品を転売する方法。

     

    このように、転売と言ってもその方法には違いがあります。
    自分ならどの転売ビジネスが合っているのかをしっかりと見極めてから始めることが重要です。例えば以下のような商品が好きで、集めていたり知識があるという人は、すぐにでも転売で稼げる可能性が高いと考えられます。

    「スニーカー」「パソコン」「アイドルグッズ」「おもちゃ」「トレーディングカード」「ゲーム」「DVD」「本」「電子タバコ」「ブランド品」「カメラ」

    転売って悪い行為じゃないの?

      「転売ビジネス」と聞くと、「それって悪いことなんじゃない?」と疑う人も多かったりします。

      基本的に転売は違法ではなく合法なので、悪いことでもなければ警察に捕まるようなこともありません。
      しかし、近年ニュースなどでよく聞く違法転売というものがあるのも事実です。その代表的な商品が「チケット」です。

      チケットを何枚も仕入れて他の人に転売する行為は、違法行為とされ逮捕されてしまいますので注意しましょう。
      他にも、偽物のブランド商品やお酒やたばこといった商品も違法になってしまいます。

      転売とせどりって同じこと?

      現代では、転売とせどりを同じような意味として捉えることが多くなっていますが、実際には確かな違いがあります。

      転売の定義としては、「入手することが難しい商品を購入して高い金額で販売すること」となります。
      これに対して、せどりは「商品を安く仕入れて高く販売すること」という定義となり、様々なジャンルの様々な商品がその対象なのです。

      基本的には同じような物販の流れになるので同じような使われ方をするのですが、本やDVDといった商品を取り扱う場合には「せどり」という言葉を使い、ブランド物の商品を取り扱う場合は「転売」という言葉を使うことが多いでしょう。

      まとめ

      今回は、物販副業で稼ぐ為の「転売」という選択肢について解説してきました。一部違法になってしまう商品はありますが、そういった商品を取り扱わなければ手軽で健全に稼ぐことができるのが「転売副業」です。

      まずは自分にどのようなスタイルの転売でどのような商品を扱うのかを見極めることが非常に重要です。
      ぜひ気になった人は転売副業を始めてみてはいかがでしょうか?

      Twitterでフォローしよう

      ピックアップ記事