物販ビジネスの仕入先!中国「AliExpress」の使い方と注意点

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

物販ビジネスでは、いかに安く良い商品を仕入れられるかが重要ですよね。日本にいながらも海外の商品を輸入できるサイトは多くありますが、今回は中国輸入サイトの「AliExpress」についてご紹介いたします。まだ利用したことがない人は新たな仕入先の候補になるか、自分のビジネスの参考にしてみてください。

ブッパン君
お、今回は中国輸入サイト「AliExpress」に関する内容だな

AliExpress(アリエクスプレス)とは?

AliExpressは中国の大手アリババグループが運営する海外向け通販サイトの1つです。中国のメーカーや業者から商品を購入することができるので中国輸入ビジネスに利用できるサイトとして知られています。

AliExpress メリット

中国から海外に向けて、ということもあり様々な言語に対応しています。もちろん日本語対応もしているので翻訳する手間も省けますよね。

また、直接価格交渉ができたり、自宅まで商品を配送してもらうことができるので代行業者を通さなくても個人で輸入することが可能です。少量の注文も対応しているため、まずは試しに購入して物販してみたいという方にもおすすめです。

AliExpress デメリット

中国商品の価格は安いですが、アリババの方が安いので大量に仕入れるにはあまり向いていないです。また、直接販売者とやり取りできることはメリットでもありますが、トラブルに発展しやすいということもあります。ただ運営サポートが購入者を優先にしているため、しっかり対応してくれるので安心です。

一番のデメリットは販売先にAmazonを採用している場合でしょう。消費者向けに販売しているのでFBAを利用している場合は発送してもらえない難点があります。FBAを利用するのであれば他のサイトを利用するようにしましょう。

AliExpressを利用する際の注意点

海外(中国)の通販サイトなので利用するのが不安だという方もいますよね。利用する前にAliExpressでの注意点を確認しましょう。

AliExpress 品質が悪い

悪いイメージではありますが、中国のサイトで購入する商品は質が悪いものが多いです。中には偽物の場合もあり、色違いやサイズ違いは当たり前のように発生します。必ずお客様に発送する前には検品を行うようにしましょう。特に偽物に気付かずに販売してしまえば評価が下がることは当たり前ですが、処罰の対象にもなりますので気をつけて下さい。

AliExpress 輸入規制に注意

中国から日本に輸入する際に、条件を満たさないと輸入できない商品もあるので気を付けましょう。特におもちゃ・家電製品・ドローン・Bluetooth搭載製品など取り扱う人も多いとは思いますが、仕入れル際には中国の輸入規制と日本の販売規制を確認した上で購入するようにしてください。

AliExpress 購入する際のコツ

スムーズに商品を購入するコツをご紹介いたします。

AliExpress 商品・出品者の評価を確認

出品者・ショップのレビューは必ず確認するようにしましょう。レビューでは商品説明・コミュニケーション・ショッピングスピードを見ることができます。併せて会社情報も見れるので購入する前に目を通しておくと良いですよ。

AliExpress 英語版ページも確認

様々な言語に対応しているのは嬉しいのですが、言語によって商品の内容が異なる場合があります。そこで購入する際に「英語版」の商品ページを確認してみましょう。ページの一番上に国旗マークが表示されているのでそこから言語を変更することが可能です。

AliExpress トップブランドマーク

商品の質が良く、評価の良い出品者には「トップブランド」のマークが付与されています。マークが付いているショップは正規の販売店から購入できるので偽物や質の悪い商品を購入するというリスクを避けることができます。中国輸入ビジネスでは粗悪品に対するリスクが高いので長く安定的な物販をするためにも商品の品質に関しては注意して取り組んでいきましょう。

商品を検索してどれを購入しようか迷っている場合はマークの付いているショップを中心にチェックしていくと良いです。

AliExpress おすすめの商品

AliExpressでおすすめの商品はスマホ関連の商品です。スマホケース・液晶保護フィルムは数百円から購入できます。スマホ本体も取り扱っており、大手メーカーから見たことない機種まで揃ってます。

その他アパレル・インテリア・キッチン・アクセサリーも人気があり種類も豊富です。

まとめ

AliExpressは他の中国の通販サイトであるアリババやタオバオに比べると商品価格が高いですが、個人で輸入ができるため代行業者に費用がかからないことを考えると、その分利益を出すことが可能です。

代行業者が入らないと何かトラブルが発生した際に不安ではありますが、運営サポートが対応してくれるので、商品とショップのチェックをしてトラブルを避けて良い物販ビジネスをできるようにしてくださいね。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事