Amazonで安全に副業を成功させる方法

石井さん

こんにちは、石井道明です!

副業初心者の方でもAmazonを正しく運用すれば安定的に利益を出すことができます。

そのためにはAmazonで禁止されていることは何かを理解し、きちんとルールを守っていく必要があります。今回はAmazonの代表的な禁止事項についてお話していきます。

ブッパン君
お、Amazonの禁止事項に関する内容だな

Amazonでの禁止事項に注意しよう

副業に限らずですが、Amazonを使ってビジネスをすることにはたくさんのメリットがあります。

日本最大級のECサイトのため、他のプラットフォームに比べて集客力が桁違いですしAmazon特有のFBAというシステムを使えば発送や梱包などの手間もかかりません。

ですが、Amazonにはいくつかの禁止事項かあり、これを破ると厳しい罰則が待っています。その中でも最悪なのがアカウント停止、いわゆる「垢BAN」です。

副業の方はこの禁止事項にひっかかってしまったことがきっかけでアカウント停止などになってしまうと気持ちが折れてしまいがちです。

コツコツを出品を重ね、アカウントが育ってきたタイミングでのアカウント停止は正直誰でも気持ちが萎えますよね。そうならない為にもAmazonで禁止されている行為についてよく理解し、副業をスマートに成功させましょう。

それではさっそく代表的な禁止事項についてお話していきます。

お客様に対して他のサイトに誘導したり、自社ECサイトでの購入を進める行為

Amazonで商品を購入してくれたお客様や問い合わせをしていただいたユーザーに対して、他のウェブサイトでの取引を促したり、自分のECサイトなどを紹介するような行為は全て禁止されています。Amazonで獲得したお客様はAmazon内でお買い物していただくようにしてください。

他に副業を行っている場合、自分のサイトに誘導したいと思うこともあるかもしれませんが、顧客情報のメールアドレスなどに他のサイトや広告等を送るなどの行為も一切禁止されているので絶対に行わないようにしましょう。

こんなことでアカウント停止になる方がもったいないですからね。

出品者の評価を不正にコントロールすることやレビュー機能の不正使用

Amazonでは出品者に対して評価やフィードバック、カスタマーレビューをすることができます。
しかし購入者に対して出品者が評価やレビューを不正に促す事は一切禁止されています。

Amazonでは今まで中国人による不正な評価やレビューが横行していました。「サクラ」と呼ばれる、いわゆるやらせレビューが多く見受けられていたのですがAmazonの運営がこれを厳しく取り締まるようになりました。
(かなりグレーですが、サクラレビューをする副業もあったそうです。)

そのため禁止されている声の評価やレビューがAmazonの運営に発見された場合、一発でアカウント停止になることもありますので絶対に行わないようにしてください。

副業でアカウント停止は正直メンタル的にもキツいと思いますので皆さんも注意してくださいね。

売り上げランキングを操作すること

Amazonには「売り上げランキング」という指標があり、購入者はそのランキングから商品の人気度をチェックします。当然、人気のある商品は売れやすくなります。

しかし、自分で商品を購入してランキングを上げようとしたり、
購入者に対して金銭やギフトカードなどを渡してランキングをあげようとする行為は禁止されています。

つまり「売上ランキング」は純粋なランキングであるためにこのような不正を一切禁止しているため、ランキングの順位操作に関連する行為は一切やらないようにしましょう。

Eメールによる不適切な連絡及び購入者の電話番号の不正な取り扱い

商品を購入してくれたお客様に対する連絡は、商品の発送などの必要な連絡に限って許可されています。

その他商品と関係ない連絡をお客様にすることや、顧客情報の電話番号を不正に使用したり保管することは固く禁じられています。当然ですが、Amazonに記載されているお客様の情報は商品の注文の際にのみ使っていいものです。

リストとして保管しておくことや他の副業の販売行為に情報を使う事は絶対にやめましょう。

禁止商品を出品すること

Amazonには独自の「出品禁止商品リスト」と言うものがあります。

このリストに記載されている商品は事前にAmazonに承認されれば販売することができますが、基本的には販売することができません。

そのため禁止商品を出品してしまうとAmazonからアカウント停止等の措置をされてしまうことがあるため注意してください。

出品禁止商品の例を挙げておきますので参考にしてみてください。

・酒類の取り扱い
・動物および動物を材料とする商品
・医薬部外品および化粧品
・通貨、硬貨、および現金同等品
・栄養補助食品
・医薬品
・武器および武器を模した商品
・食品&飲料

まとめ

今回説明した禁止事項以外にもAmazonが禁止している事項はいくつかありますので
詳しくはホームページに一つ一つ詳しく載っていますので、Amazonを使って副業する場合には必ず確認してから出品していくようにしてください。

副業を始めて売り上げがある程度確保できるようになってから禁止事項によってアカウントが停止したりなんてことになるととても厄介なので、はじめにしっかりとチェックして
安心して副業に取り組んでくださいね。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事