BASEで自分のお店を開こう!ショップ開設のやり方をご紹介

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

BASEはCMでも紹介されているように「無料で簡単に、ネット上にお店を開くことができる」と謳っています。副業でBASEを使って商品を販売したいけど、実際どうやって始めたらいいのか分からないと困っている方もいるかと思いますので今回はBASEでのショップ開設手順のやり方や注意点について詳しくお話していきます。

ブッパン君
お、今回はBASEでのショップ開設に関する内容だな

BASEでネットショップを開設するには

開設するための初期費用が無料であることから、気軽に自分のお店を開くことができるのがBASE最大の魅力です。

通常、ネットショップ開設するにはお金も手間もかかる場合が多く、やり方も複雑な為途中で諦めてしまいがちですが、BASEではショップ開設にお金はかかりませんし、設定や手続きが簡単に行うことができます。

BASEの公式ページにアクセス

ここからは実際にBASEでショップ開設するやり方を説明していきます。

BASEの「公式ページ」にアクセスすると、

①メールアドレス

②パスワード

③ショップURL  を入力する画面になります。

3つの項目に情報を入力して「無料でネットショップを開く」というボタンをクリックして始めることができます。

しかし、情報を入力する前にまずはBASEのルールを確認するようにしましょう。

販売が禁止されている商品もあるので、入力フォームの下の方に「利用規約・プライバシーポリシー」があるので必ず読んでから始めるようにしてください。

 

ちなみにメールアドレスは個人用とは別にショップ用のアドレスを作ることをおすすめします。個人のメールの中にショップの問い合わせメールが埋もれてしまうことを防ぐためにも分けておくと良いですよ。

 

規約を確認した上で、情報を入力して「無料でネットショップを開く」ボタンを押すと、「登録が完了しました」という画面に切り替わります。切り替わったページには誓約書が表示されているので、内容を確認してからチェックボックスにチェックを入れて「上記に同意する」をクリックしましょう。

BASEショップ開設<アカウント認証>

誓約書に同意すると次に「アカウントメール認証の手続きを行いましょう!」というページが出てきます。ページに手順が記載されているのでその通りにメールの認証手続きを行いましょう。

手順と言っても、登録したメールアドレスにBASEからメールが来ているので、メール本文内にあるURLをクリックすれば認証が完了します。

BASEショップ開設<運営に関する情報の設定>

メールアドレスの認証が完了するとログイン画面になります。登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

「運営に関する情報の設定」の画面が出てくるので入力をしていきます。ネットショップを開設する際に必要な「特定商取引法に基づく表記」にショップ情報を表記しなければならないからです。

全部の項目が9個あるので、氏名・住所・連絡先などを入力します。

この際に法人ではなく個人でショップを開設するとなると自宅の住所を表記するのは避けたいですよね。そこでおすすめなのが月額制で利用できるバーチャルオフィスにて住所を借りるというやり方です。

 

入力ができたら「保存する」を押します。

BASEショップ開設<ショップ設定>

次に「お支払い方法を選択しましょう!」という画面になるので項目内容に沿って決済方法や事業所の氏名などを入力します。ここで注意するのが、住所についてです。

上記の運営に関する情報の設定ではバーチャルオフィスの住所をおすすめしますと言いましたが、支払い方法に関しては情報公開はされないので個人で開設する方は自分の住所を入力するようにしましょう。

ここでの設定も入力ができたら「保存する」を押します。

BASEショップ開設<ショップ公開>

全ての入力が完了すると「ショップを公開しましょう!」と表示され、「ショップ設定へ」というボタンが出てくるのでクリックします。ショップ公開状況の欄にあるチェックボックスにチェックが入っていない状態になっているのでチェックをすれば公開されるようになります。

ただこの段階では販売する商品を登録できていないので、先に商品登録を行ってから公開すると良いでしょう。

BASEを利用するにあたっての注意点

売上の振込手数料がかかる

売上があれば早く振り込んでもらって次に回していきたくなりますが、2万円未満の場合は事務手数料が発生するので注意してください。

振り込みの際には振り込み手数料と事務手数料が発生します。振り込み手数料は一律250円かかるのですが、事務手数料は2万円未満の際にのみ発生するので2万円以上になるまでは振り込み申請を行うのは辞めておきましょう。

たくさん売れると手数料がかかる

BASEでは商品が売れると決済手数料・サービス手数料が発生します。

そのため商品が売れるほど手数料がかかることになってしまうので多く売れるようであれば手数料の割合が小さくなる有料プランに変更するのもおすすめです。

まとめ

今回はBASEのショップ開設の手順のやり方と注意点についてご紹介しました。

出てくる画面の内容に沿って情報入力を行うだけなので特に難しいことはありませんよね。やり方がシンプルなのもBASEの魅力になります。さらに無料なのでぜひ自分のお店を作りたいと考えている方はチャレンジしてみてくださいね。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事