物販ビジネスで海外向けショップを開設して起業しよう!

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

個人でネットショップを開設するのも気軽にできるようになりましたよね!その影響もあり、物販ビジネスを始めている人が増えましたが、まだ国内販売のみを行っている方は範囲を広げて海外向け販売にも挑戦してみましょう。

今回は海外に向けてネット販売をするためのメリットや、おすすめのプラットフォームなどについてご紹介いたします。

ブッパン君
お、今回は海外へのネット物販に関する内容だな

ショップを開設する方法

国内プラットフォームを利用する

国内のネットショップサービスを利用して海外に販売する方法です。海外向けに販売できるように様々な言語や通貨設定が選べるサービスのあるサイトもあるため、海外のモールで商品を販売するよりも手数料もかからず管理もしやすいのが特徴です。

海外への物販で起業する第一歩としておすすめです。

海外プラットフォームを利用する

一方、海外モールを利用して販売する方法はeBayなどのモールに出品販売します。海外モールとは、日本でいうヤフーショッピングや楽天のようなネットショップのことですが、海外の大手モールは利用客も多いため集客をしなくても多くの人にショップや商品を見てもらう機会が増えるという魅力があります。

物販ではまず多くの人に商品をみてもらう必要がありますので海外のプラットフォームはその点が有利です。

海外向けのネットショップは国内用と違う点がある

国内で海外向けのショップを開設する方法があるとお伝えしましたが、通常の国内用ショップとの細かい違いは他国の言語や通貨表示ができるようにするだけでなく、「海外ユーザーが決済できる「海外ユーザーの住所が入力・発送できる」という点です。

国ごとに決済方法も異なります。海外の購入者が決済できる方法がないと購入自体ができないので、販売先の国で多く利用されている決済方法を調べてからサービスを利用すると販売機会を逃してしまう状況を避けられます。

また国内向けのみのネットショップサービスだと海外に発送できない場合もあるので海外に発送ができるか、伝票発行ができるかどうかの確認も必要ですよ。

海外物販で起業するメリット・デメリット

海外物販で起業するメリット

海外に向けて販売することで販路が広がり、より大きな利益が見込めるでしょう。日本国内のみで販売するとどうしても売上に限界もあります。国内のライバルが増えれば利益率も下がりますし、今後日本の人口はどんどん減っていくと予想される中で、国内だけで商売することが得策とは思えませんよね。

また、日本の商品は海外にも需要がありますし、国内の人口だけを相手に商売するより、世界中の人に商品を売ることができた方が圧倒的に有利ですよね。

後にデメリットもお話しますが、それを踏まえたとしても海外への販路拡大は絶対にした方が良いと言えます。

海外物販で起業するデメリット

国内ショップのみを利用して海外へ販売していくとなると、様々な言語に設定はできても完璧に翻訳することは難しいでしょう。またその国のトレンドや売れる商品をリサーチしなければならないのでSNSなどのチェックは必ず行い、情報を集める必要があります。

まずは自分のショップを海外の人に認知してもらう必要があるため、立ち上げから集客の段階で根気が必要でしょう。

おすすめの販売先の国は?

海外物販で起業するときに、日本の製品を販売するのに最適な国はどこだと思いますか?

経済産業省の調査結果から日本の商品をネットで購入している割合の多い国は中国です。やはり人口も多く、ネットで買い物をすることが当たり前になっているという国柄からまずは中国に向けて販売していくことをおすすめします。韓国も同様に日本の商品を購入する割合が上位に入っていますので他の国より販売しやすい傾向があるでしょう。

あとはeBayなどを使えばアメリカやドイツ、ヨーロッパにも販路を広げることができます。最近は円安が進んでいますので、輸出は有利な状況が続きそうです。

 

海外向けショップ開設ができるネットショップサービス

BASE

ここ最近、BASEを使った物販で起業する人が多いイメージがあります。無料でショップが開設できると有名なサイトですよね。BASE Appsという拡張機能を利用して海外向けに切り替えることができます。ただし、言語対応が英語のみなので中国向けにショップ開設をしようと考えている人にはあまり向いていません(中国の方は英語もできるのでそこまで問題ではないです)。また、海外の購入者用のクレジットカードの決済ができず、銀行振込かPayPalのみの対応のため注意が必要です。

カラーミーショップ

ワールドショッピングBIZ for カラーミーショップという月額プランのあるアプリを挿入して世界228カ国での販売ができるようになります。特に魅力的なのが発送や海外購入者の購入代行など全てアプリが対応してくれますし、クレジットカードやAmazon Payなどの様々な決済方法に対応しています。

Shopify

世界中で利用されているプラットフォームで5言語での販売が可能です。無料のプランはありませんが国際価格でも販売することもできます。ただShopifyが提供している決済サービスを利用することで手数料も安くなりますし、月額もかかるためある程度の資金がある人におすすめのサイトです。

海外向け物販をする際の注意点

海外に発送する場合、購入者に関税が発生する場合もあるためショップ内に記載しておくのが良いでしょう。国ごとの関税見込額を記載してあげると購入者も安心しますよ。また海外発送となると送料が国内よりも高くなることは予想できますよね。

ショップ負担にするのか購入者負担にするのかも含めて価格設定を行いましょう。送料を購入者負担にしてあまり金額がかさむと購入してもらう機会が減ってしまうこともあるため注意しましょう。

まとめ

まずは海外向け物販ができる国内ショップを利用するのか、海外モールを利用して出品するのかを決めましょう。初心者には国内ショップを利用した方がサイト内で日本語対応してもらうこともできますし安心できますが、売上を期待したいなら海外のショッピングサイトを使ったほうが賢明です。

物販起業で成功するには、まずは自分にあった方を模索して、諦めずにコツコツ構築していきましょう。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事