どちらが稼げる?!ebay輸出は無在庫派?有在庫派?!

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

輸出転売をする上で「無在庫転売」と「有在庫転売」の2パターンの方法がありますよね。eBay輸出ビジネスを始めるにあたって、どちらの方法が稼げるのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回はeBay輸出の無在庫転売と有在庫転売のそれぞれのメリット・デメリットをご紹介し、どちらがおすすめなのかについてお話いたします。

ブッパン君
お、今回はeBay輸出の無在庫転売と有在庫転売に関する内容だな

eBay輸出 無在庫転売メリットは??

在庫不良の心配がない

商品が売れてから仕入れを行うためキャッシュフローが良いという理由で、有在庫転売よりも無在庫転売を選ぶ人が多い傾向にあります。在庫を抱え込む心配がありません。

また、売れない在庫を保管するための場所と、売れるまでの資金が回らないという問題もありません。

手間がかからない

最初のうちは資金的にも難しいですが、代行業者を利用することで全てネット上で完結することができます。

商品を仕入れて、検品・発送を代行業者に依頼すれば自分で行わければならない作業が大幅に短縮されます。

ライバルの出品商品が参考になる

無在庫転売を行っている人が多いので、他の出品者の商品はリサーチする際に参考になりますよ。評価の高い人の商品などをチェックしてみると効率よく良い商品を見つけることに繋がります。

eBay輸出 無在庫転売デメリットは??

在庫切れの場合がある

商品が売れてからの仕入れを行うので、実際に仕入れようと思ったときには在庫切れ、というリスクがあります。予定していた仕入れサイトに在庫がない場合、他のサイトから探したりすれば時間もかかりますし、発送も遅れるためクレームに繋がりがちです。

手元に在庫がない分、管理が難しいのがデメリットになります。対策としてはいくつか仕入先を確保しておくことで在庫切れの心配を減らすことができます。

出品数の数が大事

誰もがリスクなくビジネスしたいと思っているため、あなたと同じように無在庫転売をしている人が一定数います。そのため、ライバル同士で価格競争があり、売れ筋だと思っていた商品の利益がとれなくなることがあります。

また、無在庫でeBay輸出をする場合は出品数が重要なため、商品を大量に出品する必要があります。出品するための手数料もかかりますし、管理に手が回らなくなることもあるのでツールは必要になりそのツール代も固定費として毎月かかるものになります。

まだ売上が立たないうちにツール費用を払い出す必要がある点はデメリットになります。

eBay輸出 有在庫転売メリットは??

費用を抑えて始めることができる

eBayでは中古品の出品が可能なので自宅にある不用品を販売していくことから始めることができるのです。不用品を販売して売れたお金でさらに中古品を仕入れて回していくことで最初の資金づくりをしていくことができます。

利益が出やすい

既に手元に商品があるので価格競争に巻き込まれずに販売することができます。商品の検品についても問題ありませんし、実際に商品を見れるので販売する際の説明文や画像も詳しく載せることができます。

また、どのプラットフォームでも同じですが、評価の高い出品者から購入したいと思いますよね。しかし、まだ始めたばかりで評価が低い場合でも、手元に在庫があるというのは購入されやすい1つのメリットになります。

eBay輸出 有在庫転売デメリット

検品が必要

商品の状態にもよりますが、もし費用が少なくて中古品の販売から始めるのであれば検品を行った上で、必要に応じてクリーニングを行わなければなりません。

仕入れのための資金が必要

在庫を保持するために商品を仕入れるのでそのための資金が必要になりますよね。種類や数を揃えるとなるとかなりの費用がかかってしまいます。メリットに記載したように不用品を販売していくなどの方法で資金を集めないと販売できる商品がない状態になってしまうので工夫が必要です。

利益率が落ちる

価格競争に巻き込まれるとそれだけ利益率も下がります。そのため「薄利多売」、利益率は低いが大量に販売して利益を得るという仕組みになりがちです。

どちらかが向いているのか?

もし、外注化(代行業者に依頼)するのに知識的にも問題ない、取引先とのやり取りも増えても苦ではない、大量出品というやり方に抵抗もなく資金に余裕があるのなら手間がかからない無在庫転売の方が向いているかもしれません。

 

また初心者に無在庫転売が無理というわけではありません。注文が入ってからの仕入れなので低リスクが始められますが、在庫管理を行うにあたってツールなどがないと不便なので費用がかからないようになるべく自分で行える作業は自分で行うようにすれば可能ではあります。最初は有在庫転売から始めて無在庫転売にシフトしていく方向性でいくのも良いでしょう。

まとめ

結果的に自分のあったやり方で売れる商品を販売するのが良いので、一概にこちらの方がおすすめですとは言えませんが、無在庫転売にしても有在庫転売にしてもメリット・デメリットはあります。

どちらを始めるにしても初期費用を抑えることは可能ですが、必要最低限の仕入れや手数料にかかる資金の用意は必要になります。まずはどちらも試してみて継続的に行える方法を探していきましょう。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事