物販を副業にしたい!無在庫転売って実際どうなの?

 

石井
こんにちは、石井道明です!本日は、無在庫転売について説明します!

ブッパン君
無在庫転売?なんだか難しそうだな。。

物販を副業にしたい!無在庫転売って実際どうなの?

 

物販に興味を持っている人の中には、
「無在庫転売に挑戦したい」
という人もいるでしょう。

ただ、無在庫転売というのは昔から物議を醸している方法ですので、不安に感じている人も多いはずです。

そこでこの記事では、無在庫転売のメリットやデメリットは一体何なのかということについて、詳しく解説していきます。

無在庫転売の仕組み

無在庫転売というのは、その名の通り在庫を持たずに商品を販売することを指します。
通常は、商品を仕入れてから、その商品を販売する形になります。
しかし、無在庫転売というのは、商品が手元にない状態で販売をして、売れたら仕入れるという形になるのです。

そうすることで、不良在庫を抱えるというリスクをなくすことができますし、発送も仕入れ先から直接購入者に送ってもらえば良いため、手間を省くことができるのです。

無在庫転売を副業にするメリット

では、そんな無在庫転売を副業にするメリットとは一体何なのでしょうか。

在庫を抱える必要がない

先程も少し解説しましたが、無在庫転売をすることで在庫を抱える必要がなくなります。
なぜなら、売れたら仕入れればいいだけだからです。

そのため、家の中が在庫で埋まってしまう事も、売れると思った商品が売れずに残ってしまうという事もなくなるのです。

ガンガン出品できる

無在庫転売というのは、数打ちゃ当たるという風潮があります。
というのも、在庫を抱える必要がありませんし、不良在庫として残り続けるということもありませんから、とりあえず手当たり次第に出品してみようという人が多いのです。

このように、取り扱う商品が増えれば、それだけ売れる確率も高くなるため、まとまった利益を出すことができる可能性もあります。

無在庫転売を副業にするデメリットは?

では、そんな無在庫転売を副業にするデメリットとは一体何なのでしょうか。

規約違反になることもある

物販を副業にする場合は、フリマアプリやオークションサイトなどに登録をして、そのプラットフォーム内でビジネスを展開していくことになるでしょう。

ただ、中には無在庫転売を禁止しているプラットフォームもあり、仮に無在庫転売をしていることがバレてしまうと、アカウント凍結などのぺねるてぃを課せられてしまう可能性があるのです。

そのため、無在庫転売を行う場合は、利用するプラットフォームの規約をしっかりと確認しておくことが大切です。

ライバルの増加

無在庫転売というのは、そのリスクの低さから挑戦する人が増えています。
中には、無在庫転売を許可しているプラットフォームや、上手にルールをかいくぐる人たちたちなどもいるため、無在庫転売はこれからもなくなることがないでしょう。

ただ、どんどんライバルも増えていっていますので、レッドオーシャンになってしまう可能性があるのです。
そうすることで、自分が取り扱っている商品をライバルが見つけてしまう可能性があるため、中々売れにくくなってしまいます。

商品の発送に時間がかかる

続いては、商品の発送に時間がかかるという事です。
無在庫転売というのは、商品が売れてから仕入れ先に発注をかけます。

通常は、商品が手元にある状態で販売しますので、売れたらすぐに梱包して発送することができますよね。
しかし、無在庫転売の場合は、商品が売れて、こちらが発注をしてから数日間経った後に発送する流れになる事が多いため、お客さんに商品が届くまでにある程度の日数を要してしまうのです。

無在庫転売をする時の注意点

最後に、無在庫転売をする時の注意点について、詳しく解説していきます。
まずは、先ほども解説した利用するプラットフォームのルールを守るという事です。

次に、古物商許可を取るという事です。
これは意外と知らない人が多いのですが、無在庫転売を本格的に行う場合は、古物商許可が必要になります。
この許可を取得しておかないと、違法と判断されてしまう可能性がありますので、堂々と稼いでいきたいのであれば、早めに取得しておくことをおすすめします。

最後は、転売してはいけないものがあるという事です。
これは、無在庫、有在庫関係なく言えることなのですが、チケットは転売をする事ができません。

また、お酒なども誰かからもらったり、家に合ったお酒を販売したりするのであれば問題ありませんが、自分で仕入れて販売する場合は、免許が必要になりますので、注意しましょう。

まとめ

無在庫転売というのは、商品を仕入れずに販売し、売れたら発注をかけるという販売方法です。
この方法でビジネスを展開することで、効率的に稼ぐことができますし、不良在庫を抱える心配もなくなります。

ただ、この無在庫転売を禁止しているプラットフォームもたくさんありますので、ルールに従って行うようにしましょう。
また、無在庫転売をするためには古物商許可を取らなければなりませんので、注意が必要です。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事