副業として物販を始めるメリット、デメリットって一体何?

 

石井
こんにちは、石井道明です!本日は副業で物販を選ぶメリット、デメリットについて説明します!

ブッパン君
メリット・デメリットってなんだろう?

副業として物販を始めるメリット、デメリットって一体何?

副業として物販に挑戦したいと思っている人はたくさんいるでしょう。
とはいえ、
「数ある副業の中で物販を選ぶメリット、デメリットって何?」
と思っている人も多いはずです。

そこでこの記事では、副業として物販を始めるメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

物販ビジネスって何?

物販ビジネスというのは、簡単に言ってしまうと、高く売れそうな商品を安く買って販売するというシンプルなビジネスです。
せどりや転売など、呼び方は様々ですが、本質を全て一緒です。

また、物販ビジネスというのは、
・国内で販売する
・輸出する
・輸入する
というように、様々な販路がありますので、やり方によっては大きく稼ぐことができるのです。

副業として物販を始めるメリットは?

では、そんな物販ビジネスを副業として始めるメリットは一体何なのでしょうか。

資金がなくても始められる

まずは資金がなくても始められるという事です。
物販ビジネスと聞くと、仕入れをしなければならないというイメージを持つ人がいるでしょう。
確かに、本格的に物販に取り組んでいく場合は、商品を事前に仕入れて販売する必要があるため、ある程度の元手が必要になります。

しかし、不要品販売から始めることで、元手を用意することなく、売り上げを作ることができるのです。
そしてその売り上げを引き出すのではなく、仕入れ代金に回すことができれば、ほとんど費用を用意することなく、物販ビジネスに取り組んでいくことが可能になります。

仕組みが簡単、且つビジネスの基本を学べる

物販ビジネスというのは、安く買って高く売るというシンプルなビジネスモデルです。
そのため、副業初心者やビジネス初心者でも気軽に始めることができるのです。

また、安く買って高く売るというのは、多くのビジネスの基本原理となりますので、物販だけではなく、ビジネス全体の知識を身に着けていくことも可能です。

自宅で完結させることもできる

物販ビジネスというのは、スマホやパソコンがあれば、どこでも行うことができます。
そのため、自宅で仕入れを行い、販売をして発送するという一連の流れを完結させることも可能なのです。

このようなことから、
・家を離れられない主婦
・日中は忙しいサラリーマン
なども、気軽に挑戦できると言えます。

副業として物販を始めるデメリットは?

では、そんな物販ビジネスを副業として始めるデメリットは一体何なのでしょうか。

ライバルが多い

まずはライバルが多いという事です。
物販ビジネスというのは、その手軽さや仕組みのシンプルさから、副業初心者に大人気です。
また、副業ブームが到来したこともあり、物販に挑戦する人が急増したのです。

このようなことから、現在の物販ビジネス業界はライバルが非常にたくさんいるため、競合に打ち勝つ戦略を取りながら戦っていく必要があります。

商品が売れ残ることもある

物販ビジネスというのは、基本的に商品を仕入れてから販売する形になります。
無在庫転売というやり方もあるのですが、若干方法が複雑ですので、初心者はまず有在庫転売から始める形になるでしょう。

ただ、しっかりとした目利きがないと、仕入れた商品が売れ残ってしまう事もあるのです。
そうすると、仕入れ代の分だけ赤字になってしまうため、注意が必要です。

このような状況を避けるためにも、初心者は最初から仕入れをするのではなく、まずは自分の家にある不要品を販売して、ある程度売れ行き商品や販売のコツを掴んでから、仕入れを行っていくことが大切なのです。

家が商品で溢れかえることもある

物販でたくさんの利益を残そうと思ったら、高価格帯の商品を販売するか、低価格帯、あるいは標準価格帯の商品を多数販売する必要があります。

ただ、たくさんの商品を仕入れる場合は、保管場所を確保する必要がり、仮に保管場所を確保できない場合は、家が在庫で溢れかえってしまう事になるのです。

このようなことを避けるためには、ある程度利益が見込める高価格帯の商品を扱うことがおすすめです。
そうすることで、大量に在庫を用意しなくても、数点売れるだけで比較的まとまった利益を残すことができるでしょう。

ただし、高価格帯の商品というのは、仕入れ額も高くなってしまいがちですので、資金管理は徹底して行うことが大切です。

まとめ

物販ビジネスというのは、副業を始める初心者には最適と言えます。
なぜなら、
・低資金で始められる
・仕組みがシンプル
・自宅で完結する
というメリットがあるからです。

しかし、
・ライバルが多い
・商品が売れ残る可能性がある
・在庫の保管場所に困る
というようなデメリットもあります。

そのため、物販を始める場合は、メリットだけではなくデメリットにも注目した上で、自分に合っているかどうかを判断していくことが大切なのです。
そうすることで、楽しく物販に取り組んでいくことができますし、比較的スムーズにコツを掴んでいくことができるでしょう。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事