初期費用のかかる副業と初期費用のかからない副業

 

石井
こんにちは、石井道明です!本日は副業にかかる初期費用について説明します!

ブッパン君
初期費用?どのくらいかかるんだろう?

初期費用のかかる副業と初期費用のかからない副業

 

副業を始めようと思った時、まずは「何をやるか」をまず決めなければなりませんよね。
あらゆる副業が存在する現代では、どんな副業をするのかを選ぶだけでも大変だったりするものです。

そして、副業には、「初期費用のかかる副業」と「初期費用のかからない副業」が存在するので、そういった費用面も考慮してどんな副業を行うかを決めなければなりません。

作業面、費用面の両面で自分に合った副業を選ぶことができれば、安心して副業ライフを楽しむことができるはずです。

この記事では、そんな「初期費用のかかる副業と初期費用のかからない副業」について解説していきたいと思います。

初期費用のかからない副業

ここからは、実際に初期費用のかからない副業を5つ挙げていきましょう。

①不用品販売ビジネス

例えば家の中にあるいらなくなったもの(不用品)を、メルカリやラクマ、ヤフオクといったフリマアプリで販売する手法であれば、初期費用が不要です。

家の中の不用品が亡くなったとしても、ジモティーなどで掘り出し物を見つけ低単価で中古商品を仕入れることができますので、極めて低い費用でビジネスを成立させることができるのです。

②ポイントサイトやアンケートサイト

近年では、「ポイ活」という言葉が定着してきたように、多くの人がポイントサイトやアンケートサイトを利用しています。

ポイントを貯める方法も様々なので、初期費用をかけずにビジネスを成立させることも可能と言えるでしょう。

アンケートサイトも同様で、PCがなくてもスマホ1台あれば副業を行うことができるというメリットもあります。

③WEBライティング

依頼主から記事のテーマやキーワードを指定してもらってから作成する流れとなり、PC1台とWi-Fi環境さえあれば仕事ができるので、すでにそういった環境が整っている人であれば初期費用が不要です。

もしなにもない状態から始めるにしても、ライティングであれば中古の安いノートPCでも十分ですし、Wi-Fi環境さえ整えるだけなので、かなり安い初期費用でビジネスを始めることができます。

④ブロガーやアフィリエイター

自分のブログに広告を貼って収入を得るブログアフィリエイトも、初期費用がかからない副業の一つです。

無料ブログを利用することで気軽に始めることができますし、もしも独自ドメインを購入してアフィリエイトを行うにしても、ドメイン代とレンタルサーバー代のみで副業ができるので、少ない費用で本格的に始めることもできます。

上手くいけば少ない労力で大きな収入を得られる可能性もあります。

⑤写真販売

もしも日頃から写真を撮っていたり、品質の高いカメラをすでに持っているという人であれば、初期費用不要で写真販売の副業を始めることができます。

決してプロのカメラマンである必要はありません。

センスの良い写真を多く撮ることができれば、楽しみながら副業収入を得ることができるのです。

初期費用のかかる副業

ここからは、初期費用のかかる副業を挙げていきます。

決しておすすめできない副業ということではなく、あくまでも「初期費用」という部分にフォーカスした解説となりますので、金銭的に余裕のある人は積極的に実践すべきだと言えます。

①在庫を持つ物販ビジネス

最近では、在庫を持たずに物販ビジネスを行う「無在庫物販ビジネス」という手法もありますが、基本的には商品を仕入れて行うビジネスである以上、一定の金額以上の初期費用は必要となります。

ただし、初期費用は必要ですが、「商品を仕入れて販売する」というシンプルなビジネスモデルなので、軌道に乗せてしまえば少ない労力で大きな収入を得ることができるおすすめの副業でもあります。

②株式投資やFX

初期費用というよりも、軍資金や先行投資費という捉え方ができるのが株式投資やFXです。

安い時に買い、値上がりしたら売ると収入を得れるというシンプルな仕組ながら、株価や通貨価値の浮き沈みを予測しなければ儲けられず、損をしてしまう可能性もあるので素人はあまり手を出すべきではない副業とも言えます。

ただし、少ない労力で非常に大きな収入を得ることができるメリットは、非常に魅力的なのは間違いないでしょう。

③プログラマーやSEといった高いスキルが必要な副業

元々学生時代に専門的なスキルを勉強していたり、就職先で働きながらスキルを上げていった人であれば初期費用なく持っているスキルで副業を開始することができますが、多くの人はスクールなどに通ったり参考書などの書籍を購入してスキルを身に付けていきます。

特に専門的なスキルを習得するためのスクールなどは、数十万円の費用がかかることも珍しくないので、中途字半端な覚悟では始めない方が良いと言えるでしょう。

しかし、プログラマーやSEは、時代的にかなり重宝される人材なので、スキルを習得して常に新しい知識を身に付けていけば大きな収入を長期間得ることができる副業となるはずです。

まとめ

今回は、初期費用のかかる副業と初期費用のかからない副業について解説してきました。

「不用品販売ビジネス」「ポイントサイトやアンケートサイト」「WEBライティング」「ブロガーやアフィリエイター」「写真販売」といった副業は初期費用がかからない可能性が高いと言えます。

「在庫を持つ物販ビジネス」「株式投資やFX]「プログラマーやSEといった高いスキルが必要な副業」といった副業は、初期費用がかかる可能性が高いと言えます。

これらの特徴をしっかりと把握して、自分の付ける資金と照らし合わせながら実際に行う副業を決めてみましょう。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事