副業で稼ぐためにスクールに通うのはあり?それともなし?

 

石井
こんにちは、石井道明です!本日は副業のスクールについて説明します!

ブッパン君
スクールって通ったほうがいいのかな?

副業で稼ぐためにスクールに通うのはあり?それともなし?

 

副業を始めるにあたってまず考えるのは、「どんな副業を行うか」ですよね。

元々持っているスキルを使って副業収入を得るのであればスムーズに稼ぐことができますが、ノースキルである場合は一定以上のスキルを身に付けてから始める必要があります。

もちろん、「やりながらスキルを身に付けていく」という方法もありますが、限られた時間で稼がなければいけない副業であれば、やはりしっかりとしたスキルを使うほうがより大きな金額を得ることができるでしょう。

勝負する副業を決めたら、スキルを身に付ける為に「スクールに通うべきか」という悩みに辿り着くかと思います。

果たしてスクールに通ってスキルを身に付けるべきなのか、それとも通わずにスキルを身に付けるべきなのでしょうか?

この記事では、そんな「副業で稼ぐためにスクールに通う必要性」について解説していきたいと思います。

副業で稼ぐ為にスクールに通うことが「あり」だと言える理由

プログラミングや物販、WEBライティング、動画編集、WEBデザイン等の副業をしようと考えた時に考えるのが「スクールに通う」という選択肢です。

実際にスクールを運営している場所に通うという方法もあれば、「オンラインスクール」を行っている所も多いので、どこに住んでいてもスクールで学ぶことができます。

スクールに通うことが「あり」だと言える理由としては、以下のようなことが挙げられます。

・サポート体制が万全なので途中で挫折しにくい

スクールとして運営している組織であれば、受講者のレベルに合わせたプログラムを用意してくれるはずですし、副業をするにあたっての不安やスキルを習得するための心得やコツのようなものまでしっかりと教えてくれます。

そして、「やっぱり自分には無理かも」と挫折しやすい人にとっては、「お金を払ってスクールに入ったからには習得できるまで頑張ろう」という気持ちになるので、スクールという選択肢がベストと言えるでしょう。

・効率よくスキルを身に付けることができる

スクールの講師となる人たちは、そのジャンルにおいてしっかりとした実績を残してきているスペシャリストである可能性が高いはずです。

そんな専門的な知識を持っている人に指導してもらうことで、最短距離で「稼げるスキル」を身に付けることができます。

また、単純にスキルを身に付けるだけでなく、「効率よく稼ぐ方法」なども教えてくれる可能性が高いので、実際の副業収入に大きな影響をもたらしてくれるはずです。

・そのジャンルにおける人脈を作ることができる

ビジネスにおいて人脈は宝です。

特に現代では、かなり激しいスピードで変化しているので、昨日まで通用していたスキルが世の中の変化によって「通用しなくなってしまった」ということがあり得ます。

スクールをきっかけに人脈を作ることができれば、どのように変化していくのかという情報が手に入れられたり、どう変化していけば良いのかといったことも素早く知ることができます。

副業で稼ぐためにスクールに通うことが「なし」だと言える理由

副業で稼ぎためにスクールに通うことが「なし」だと言える理由としては、以下のような理由が挙げられます。

・スクール費用が高い

WEBライティングなどのスキルであれば、数千円~数万円程度のスクール費用で済む場合が多いのですが、プログラミングなどのスクールでは数十万円掛かってしまうケースもあったりします。

あくまでも月に3万円~7万円程度の副業収入を得るために、数十万円を先に払わなければいけないのは、経済的に厳しいと思う人も多いでしょう。

・無料でも有益な情報を入手できる

ありとあらゆる情報がネット上に存在している現代では、ある程度専門的な知識ですら無料で検索出来てしまうことが多かったりします。

ネット検索はもちろん、YouTube動画では、専門家が細かく説明してくれている動画も多く公開されているので、そういった情報を探し出していけば無料でスキルを手に入れることができるのです。

まとめ

今回は、副業で稼ぐためにスクールに通う必要性について解説してきました。

確かにスクールに掛かる費用や、無料で情報を入手できるという面を考えると、スクールに通わずに独学でスキルを身に付けるという選択肢もありと言えるでしょう。

しかし、やはり最短距離で将来的に大きな副業収入を得たいと考えるのであれば、スクールに通って確かなスキルを身に付けるという選択肢がベストであるはずです。

これから副業を始めるという人は、ぜひこれらの意見を参考にして進むべき道を決定していただければと思います。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事