起業するならこの業種!低リスクでおすすめなのは?

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

起業とは文字通り事業を起こすことです。様々な業種がある中で自分がやりたいことに挑戦していくことは良いことですが、しっかりとリサーチした上で始めないと続けていくことは難しいですし、できれば失敗はしたくないですよね。そこで今回は起業するのにおすすめの業種についてお話していきます。

ブッパン君
お、今回は起業におすすめの業種に関する内容だな

起業の種類とは?

起業の方法は2種類あります。

それは「個人事業主」になるか「会社設立」をするかです。自分で事業をすることには変わりないのですが、それぞれ違う面があるので説明いたします。

個人事業主とは?!

個人事業主とは1人で事業を行い、一般的に屋号を使います。「株式会社○○」「○○会社」という形ではなく主に「○○店」などとというものです。

開業手続きの手間が少なく設立費用も多く必要ありませんが、会社設立よりは社会的信用が低い点や個人経営のため安定性が低いとみなされ人材が集まりにくく、所得によって税金面で左右されやすいというデメリットがあります。売上や利益が多くなると会社を設立した方が税金面でメリットが大きくなる傾向があります。

会社設立とは?!

会社設立をするには商号や住所、資本金などを登記しなければなりません。そのため社会的信用も個人事業よりも高く、融資に関しても有利になる要素があります。ただし、会社で稼いだ分のお金は個人と分けなければいけないので、稼いだ金額、すなわち事業の利益が全て自分の元に入ってくるということにはならず、また会社での税金と個人の報酬に対しての税金が課されるようになります。

まずは個人事業主として起業し、売上が安定していたら会社設立(法人化)するのが一般的な流れとなります。

起業するメリット・デメリット

起業 メリット

起業するにあたってのメリットは2つあります。それは「自由に行える」「収入に上限がない」という点です。

決められた仕事がないので、利益が出せるように自分のタイミングで好きなように仕事をすることができます。業種に関しても上司の指示でなにかをしなくてはいけないわけではないので、自分が好きな業種、興味がある業種を選んで起業することができます。

労働時間という概念もないので稼ぐために自由に働くことができます。

やらなければならない仕事をやっても給料に限度がある会社員とは違って、自分の頑張り次第でより多くの収入を得られるようになるのは嬉しいですよね。

起業 デメリット

起業するデメリットとしては、事業は上手くいくことばかりではないのでもちろん赤字になる可能性もあります。従業員を雇うのであれば自分1人ではないので、従業員のお給料に関しても考慮する必要がありますし、もし不祥事を起こしてしまえばその責任を取らなければなりません。

そして一番のデメリットは、忙しいとその分プライベートの時間が減ることでしょう。自分の頑張り次第なので休みの時でも仕事のことを考えることが増えるようになり、休みと区別をすることができなくなってしまいます。

しっかりとメリハリをつけて休みと仕事は分けるようにしてストレスをため込まないようにしましょう。

起業におすすめの業種

起業する際におすすめの業種をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

マーケティング事業

マーケティングは起業するのに人気の業種ですね。ただしスキルや企画力が必要となります。グラフの分析や市場調査が得意な方におすすめですが、ある程度マーケティングの会社で経験を積んでいないと難しいジャンルではあります。

興味がある方はまずは会社で経験を積んだり、副業で経験を積んでみるのもいいでしょう。

また、近年では「Webマーケティング」という言葉をよくききますよね。SNSが企業の広告塔として非常に有効になったため、ネット上で上手に物を売るスキルは大きな武器になります。

物販

物販とは、自分が取り扱う商品を安く仕入れて利益が出るような金額で販売するという業種になります。特化したスキルがない方でも始めることができるので、はじめて起業する方にもおすすめの業種になります。

副業からでも始めやすく、高額の商品でなければ初期費用も抑えることができるので好きなブランドやメーカーがあって詳しいジャンルがあるのならとても強みになりますよ。

宿泊施設経営

宿泊施設といってもホテルや宿を経営するのではなく「民泊」として起業するというのがおすすめです。家を提供するので空いている部屋があるのであれば始めることができるので、資金は抑えることができます。

費用を抑えたい人がホテルよりも民泊を選ぶことが年々増えているので、これも副業で始めてみるのもいいですね。

ネット関連

ネット関連の業種は、パソコンやスマホがあれば始めることができるのが一番のメリットです。少なくても経験は必要となりますが、ライター・デザイナー・プログラマーなどの種類があり、自分のスキルを活かすことができるので得意なことがある人にはもってこいの業種ですよね。

若い世代にも人気があり需要があるため、これから始める方にもおすすめです。

まとめ

起業といっても難しく考える必要はありません。まずは副業から初めて資金が集まれば開業するというように段階的に起業していきましょう。コロナ渦ということもあり、本来起業するなら人気の飲食や宿泊施設経営などは不安定という声もあります。

自分の好きなことを仕事にすることでより意欲が湧いてきますが、好きだけではやっていけないのがビジネスなので新しい発想・目標・リサーチを元に自分がチャレンジする業種を決めてみてくださいね。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事