副業でのメルカリの返品対応について

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

最近では副業としてメルカリで不用品を売ったり、転売ビジネスを行っている人が増えていますね。気軽に使えて誰にでも始めやすい副業ですが、注意しなければいけないこともあります。今回は「返品」をテーマにお話します。特に副業を始めたばかりの初心者の方にとって気になる点だと思いますので、参考にしてみてください。

ブッパン君
お、今回はメルカリでの返品に関する内容だな

メルカリで返品できる場合

メルカリでは返品不可やノークレームノーリターンといった文章を記載することはルールで禁止されています。購入者側からすると有り難いことですが、出品者側からするとクレーマーやしっかりと伝えたのにという理不尽なケースも出てきます。どういった場合に返品できるのか、または返品されるのか確認し、購入者も出品者も気を付けなければいけない点をしっかり把握しましょう。

出品されている説明・画像と違う場合

「説明文には記載されていなかった汚れ」「付属品がない」「あきらかにサイズが違う」など出品者が載せている情報と違う商品の場合は返品の対象となります。
また、出品者側の「違う商品を送ってしまった場合」に関してももちろん返品が可能です。その場合には出品者側は、正しい商品を再度送る必要があります。

購入者側も購入する前にコメントにて他に傷や汚れがないか等の詳細確認をすることが必要ですが、出品者は要求されたら気になる部分の画像を追加してあげるのもトラブルを防ぐことになります。正しい情報かの確認と発送時には違う商品を送ることがないように気をつけましょう。

偽物の商品が届いた場合

メルカリではブランド品が多く出品されていますが、中には偽物が出回っていることがあります。もちろん偽物のブランド品が届いた場合も返品することができます。しかし最近では本物とそっくりに仕上げられており、シリアルナンバーや柄も素人では見分けられない程のレベルとなっているので、もし不安であれば査定してくれる専門店にて聞いてみると良いでしょう。

偽物かの判断ができないにも関わらず出品してしまうのは単なるミスで済まず「違法行為」に当たります。自分で判断ができない、もしかしたら偽物かもしれないと思うのであれば査定してもらってから出品するように心がけましょう。

破損した商品が届いた場合

稀に「壊れていたので返品したい」という場合があります。これは出品者側の梱包不足によるものか配送業者が配送中に破損してしまったことが多いのですが、どちらにしても出品者側で返品対応はしなければなりません。その上で、もし出品者側に不手際はなく配送中によるものであるとするならば、配送業者に連絡をして商品の保証をしてもらう必要があります。

出品者は時間がかかるから、しっかり梱包すると予定サイズより大きくなって配送料がかかってしまうからと言って簡易梱包で済ませていると破損して届いてしまったり、配送業者に連絡をするという手間がかかってしまいます。結局返金しなければいけなくなってしまうので、手を抜かず商品が壊れないように緩衝材や紙をたくさん敷いて壊れることがないように気をつけましょう。

「返品したい」と購入者から連絡があった場合にはまずその理由を確認しましょう。基本的に返品拒否ができないので、理由もなく一方的に返品したい・クレーマーで話がつかない場合はすぐに返品対応をせずに「事務局」に問い合わせて、相談するのが良いでしょう。

返品の流れ

返品対応の流れは決して難しくありません。流れを把握してスムーズに対応できるようにしましょう。

双方の合意

連絡を取り合う「取引ナビ」にて出品者が「返品の承諾」をするところから始まります。承諾をしないと話が進まなくなるので、返品することになったら素早く対応します。
対象の商品を返送してもらう必要があるので、必要に応じて住所を伝えたり送料をどうするのか話し合いをします。

こちらに非があった場合、送料は着払いになりますがあきらかに購入者都合の返品なのであれば元払いで送ってもらうようにすると良いです。

商品が届いたら

商品が手元に届いたらまずは商品を確認し、購入者に届いた旨のメッセージを送ります。
稀にですが、購入者が言っていた状態と違う場合や違う商品が入っていることがあります。その場合は購入者に伝えた上で事務局に問い合わせをしましょう。

事務局へ連絡

商品が届いて問題がなければ事務局へキャンセルの連絡をします。メニューにある「お問い合わせ」から「キャンセルされた商品」を選択し、「その他」の中の「お問い合わせする」というところで商品のIDとキャンセル内容について記載して手続きが完了します。

その後事務局にて確認・処理がされ、返金処理を行ってくれます。

まとめ

メルカリは気軽に購入できる・売ることができ便利ではありますが、気軽さ故に軽い気持ちで「写真を撮って説明文もそれらしく書いておけば大丈夫」という考えでは評価も下がり、副業として続けていくのが難しくなります。副業でも、画像・説明文・梱包・問い合わせ対応の全てにおいて購入者が安心して購入してもらえるようにすることが必要です。
しっかり対応していけばリピーターやファンもついてくれますので、副業で本業以上に稼ぐことも可能です。

ぜひ、返品対応の参考にしてくださいね。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事