輸入無在庫転売は違法?安全に物販ビジネスを行う方法

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

物販ビジネスは初心者でも始めやすいビジネスですが、無在庫転売という販売スタイルに疑問や不安がある方もいるかと思います。今回は輸入無在庫転売の違法性と安全な販売方法についてお話していきます。

ブッパン君
お、今回は輸入無在庫転売の違法性と安全な販売方法に関する内容だな

輸入無在庫転売の流れ

一般的な輸入物販の流れとしては、商品を仕入れてからその商品を店頭やECサイトに並べて、売れたら在庫商品を発送する、という流れですよね。

無在庫輸入転売の流れは一般的な流れと違い、注文が入ってから商品を仕入れます。まずは商品のリサーチを行い、商品画像や説明文を登録した上で出品します。その後注文が入れば海外から仕入れて、日本に届き次第購入者へ発送するという流れです。

 

注文された商品のみを仕入れるので在庫を抱えてしまうリスクがありません。以前からドロップシッピングと呼ばれる販売スタイルで、実は違法でもなんでもないのです。

無在庫転売 違法について

結論から言うと「無在庫転売」自体はまったく違法ではありません。しかし、無在庫転売を禁止としているプラットフォームもあるのでしっかりと確認しなければ自身のアカウントが停止されてしまうリスクもあるため要注意です。

それでも法律に違反しているわけではないため、商品の説明欄におかしな表記などを入れなければ違法にはなりません。

下記にて違法となるケースについて説明していきます。

無在庫転売 違法になる<状況>

古物商許可証

中古品を取り扱う際に必要なものとなります。私物を不用品として販売する分には必要ありませんが、ビジネスとして中古品を取り扱う場合は必ず申請しましょう。

ただしこれは日本国内での法律ですので、仕入先が海外ということもあり全てのケースに必要という訳ではありません。

それでも必要か必要じゃないか微妙なこともあるので警察署に相談しておくことでトラブルを避けることができるでしょう。またこの問題は無在庫輸入であるかどうかは問題ではありません。国内での転売だとしても同じように中古品を販売する場合に古物商許可証を保持していなければ違法となりますので注意してくださいね。

 

古物商許可証を保持していないにも関わらず中古品を販売すると「古物営業法違反」になるので事前に確認は必須です。

資格が必要な商品の販売

食料品と医薬品に関してはそれぞれ販売する上で必要な資格があります。医薬品に関してはわかりますが、食料品は「賞味期限などを守っていれば大丈夫でしょ」と販売してしまいがちですが、どちらも資格がなければ販売することができないので気を付けましょう。

画像無断掲載

掲載可能としている商品画像もありますが、中には無断掲載禁止のものもあります。説明に無題掲載禁止と記載されていたり相手から注意された場合にはすぐに削除するようにしましょう。気を付けていても不本意で掲載してしまっている場合もあるので、その際は直ちに対応することでトラブルを避けられます。それでも画像の無断掲載は違法ですので、どうしても掲載したい画像なのであれば許可を取るようにしてください。

仕入れ不可商品の販売

仕入れられない商品だとわかっているのにも関わらず販売した際は詐欺罪にあたります。必ず仕入れられる商品のみを販売するようにしましょう。無在庫に拘わらず、日本に輸入できない商品を把握しておく必要があります。

規約違反

無在庫輸入自体は違法ではありませんが、販売先によって禁止としているプラットフォームがあります。大手のメルカリ、ヤフオクなどは無在庫販売を禁止しているので判明した際にはアカウント停止となるケースがあります。必ず規約を確認するようにしてください。

無在庫転売が禁止でもバレなければ大丈夫と考えている人は少なからずいるでしょう。しかし注文した商品が届かないなどのクレームが相次いだりいきなり大量に商品を出品をすることで目を付けられることがあります。

アカウントが停止されてしまうとショップの再開設には手間も時間もかなりかかってしまい大変なので甘く考えないようにしましょう。

無在庫転売 違法になる<商品>

偽物・コピー品

仕入れ値が安く抑えられる中国輸入品などによくありますが、偽物のブランド品やキャラクターのコピー品が多く出回っています。偽物やコピー品の販売は商標法違反となるのでブランド品を仕入れたりする際には信用できるサイトや業者から仕入れるようにしましょう。

無在庫輸入に限った話ではありませんが、ツールなどで商品を大量に出品する際に不本意ながらコピー品などの禁止商品が混じってしまうことがあります。自分が出品した商品にそのような商品がないか、必ずチェックするようにしましょう。

安全に無在庫輸入ビジネスをするためには

無在庫輸入向けの仕入先を利用する

有在庫転売だとやはり在庫リスクがあります。その中でどうしても無在庫輸入をやりたいけど、自分の利用するプラットフォームでは無在庫転売を禁止にしている、という場合には無在庫転売に特化している仕入先を利用しましょう。

在庫は手元にはないものの、仕入先から直接自分が発送したように発送元や納品書を作成して商品を送ってくれる仕入先もあります。発送遅延を防ぐことができるので、どうしてもというのであれば検討してみてください。

有在庫に切り替える

ある程度の資金が集まり、売れる商品を見つけることができているのであれば有在庫転売に切り替えていくと良いでしょう。無在庫転売できるプラットフォームには限りがありますしどうしても注文が入ってから発送までのタイムラグがあります。

有在庫転売に切り替えることで、「販売可能なプラットフォームが増える」「発送が早くなり商品の販売サイクルが早くなる」というメリットがありますので検討してみてください。

まとめ

無在庫輸入ビジネスに慣れていない初心者が最初から何もわからない状態で無在庫輸入を始めるにはリスクがあります。しっかりと基礎知識を学んだ上で何が違法になってしまうのか、何に注意すればよいかを把握した上で始めるようにしましょう。

上記の注意点を参考にしながら、ぜひ無在庫輸入ビジネスを始めてみてくださいね。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事