輸入ビジネスを成功させるOPAS(オパス)の使い方

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

輸入ビジネスを行っていく上で、転送会社を使えるのと使えないのとでは扱える商品数に大きな差が出てきます。海外サイトで購入した商品が直接日本に送ることができない場合に「転送サービス」を利用することによってアメリカに住所を作ることができ、そこから日本に転送することで商品が受け取れるようになります。

今回は1990年に設立された老舗転送サービスの「OPAS(オパス)」の使い方などについてご紹介したいと思います。

ブッパン君
お、今回は転送サービスOPASの使い方に関する内容だな

OPAS(オパス)とは?

OPAS(オパス)=Overseas Personal Address Service

1990年に設立以来、現在は2万人以上の利用者がおり、転送サービス・輸入代行サービスを行っています。経営者が日本人ということもあり、サイト内・問い合わせが日本語対応しています。

問い合わせまで日本語対応している転送業者はなかなかありませんので、英語が苦手な方でも安心して利用することができます。また、オレゴン州に倉庫があるため州税がかからず、コストカットが期待できます。

無料会員プランと有料会員プラン

OPAS(オパス)には無料プランと有料プランがありますのでそれぞれ説明していきますね。

基本プラン(無料)

基本のプランは月額無料です。その代わり荷物をまとめて梱包するのが有料なので、いくつか商品を輸入するのであれば割高になってしまうことがあります。

 

プレミアムプラン(有料)

プレミアムプランは月額15ドル/年会費100ドルです。

郵便物の受け取り、買い物代行サービスの手数料は割引が適用されますし、まとめて梱包して転送する際も手数料もかかりません。一定期間に輸入商品がいくつか発生する場合にはプレミアムプランがおすすめです。

なかでも他社と違う部分は「共有会員」というサービスがあり、1人につき月額8ドル/年会費30ドルで登録することができます。

「共有会員」というのは、簡単にいうとクレジットカードの家族会員みたいなもので、家族や友人が自分のアカウントを利用してご家族の名前で荷物を受け取れたり、本会員と同じように荷物をまとめて発送できたりします。

ご家族やご友人も輸入ビジネスをやっている方はお得に利用できますよね。

※「共有会員」サービスはプレミアムプランかディストリビュータープランでのみ利用できます。

 

ディストリビュータープラン(有料)

ディストリビュータープランは年会費20ドルです。こちらは定期購入する方向けのプランになっており、共有会員の無料登録、無料同梱、発送料割引の特典があります。

輸入ビジネスが軌道に載ってきたらこちらのプランがおすすめですね。

OPAS(オパス)を利用する上でのメリット

OPAS(オパス)は使い方が簡単な上、アカウント作成が無料なので費用がかからず、初心者の方も気軽に試しやすくなっています。

また、他社だと他の倉庫の使用は無料であってもオレゴン州の倉庫は有料会員にならないといけない、といった部分もあるのですが、OPAS(オパス)は無料会員でもオレゴン州の倉庫が利用でき、州税がかからないのが嬉しいポイントです。

 

サイト自体も日本語対応しているのですが、問い合わせに関してもバイリンガルのスタッフが対応しているので、メールも電話も日本語対応してくれます。輸入ビジネス初心者の方にとってはとても安心できる環境ですよね。

商品の保管期間も無料会員でも30日間ありますので、安心して保管しておくことができます。

OPAS(オパス)を利用する上でのデメリット

無料会員だとまとめ梱包が有料(1回につき10ドル)になります。商品をまとめて転送してコストを抑えたい方は有料会員になることをオススメします。

 

また有料会員であっても無料保管期間は30日間、それ以降は1日1ドルかかります。

商品を長く保管したい方によっては痛いポイントかもしれません。

OPAS(オパス)の賢い使い方

「月に1度程度しか利用しない・商品は1つのみ・配送業者は安さ優先」

上記に当てはまる方は基本プランで十分でしょう。

 

「月に何度も利用し、・今後も利用する予定である・商品を複数輸入したい・配送業者は速さ優先」という方はまとめて梱包が無料、かつ送料割引があるのでプレミアムプランを利用するのがおすすめです。

 

自分がどのような商品を輸入したかによって使い方を選び、コスト削減をして無駄な費用を使わないことで節約できますね。

複数の運送会社から自分にあった内容を選ぶことができますし、自分で考えて設定できるのは嬉しいポイントです。

まとめ

ほとんどの転送会社が「サイト内は日本語に設定できるが対応は英語」という転送サービスなので、設立者が日本人でスタッフも日本語対応ができるOPAS(オパス)はかなり安心して利用できるかと思います。

 

中でも問い合わせ代行も行ってくれるので、破損した商品が届いてしまった場合でも安心して任せられるのが魅力的です。また梱包が丁寧なことでとても人気があります。ビジネスとしても個人用としても嬉しいポイントです。

ぜひ上記の使い方を参考にしてみてください。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事