海外で人気の副業ランキング!!視野を広げて副業を始めよう

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

近年、日本でも副業をしている人がかなり増えましたよね。日本国内だけでも副業の種類は豊富ですが、海外に視野を広げてみればまだ日本で馴染みのない副業もたくさんあります。特に、アメリカでは副業をしている人の割合が高く、人口の3分の1はフリーランスで活動している程自由な働き方をしている人が多くいます。そこで今回はアメリカの副業をメインに海外の人気の副業ランキングをご紹介いたします。

ブッパン君
お、今回は海外の人気の副業ランキングに関する内容だな

アメリカ(海外)の副業ランキング

ランキングを見ると日本でもお馴染みの副業ばかりですが、やはり内容は微妙に異なります。是非参考にしてみてください。

ランキング1位 フリーランス

フリーランスと聞くと日本では本業に入るジャンルですよね。しかしアメリカでは本業の会社も副業を認めているので、本業とフリーランスとして他の会社とも契約をするという形で働くことができるのです。そのため副業をしている人の割合が高いとされている訳です。

まだまだ副業禁止の会社がありますが、日本でもさらに副業が浸透化されていけばフリーランスを副業と捉えて自分の能力を発揮できる場所のも収入も増やすこともできますよね。

ランキング2位 出版

基本的に電子書籍が多いですが、日本で副業で本を出版するのはメジャーではありませんよね。もちろんそれに近い有料の記事販売などは多くありますが、本という形ではないでしょう。本業でも専門的な知識を重要視しているアメリカならではの副業なのかもしれませんが、日本でも副業として行うのに不可能ということはありませんね。

Amazon Kindleなどでも気軽に出版できるようになっているので興味がある人は挑戦してみてください。

ランキング3位 ブログ・アフィリエイト

日本と同様、ブログやアフィリエイトはアメリカでも人気の副業です。英語圏が対象となるので人気のあるブログは日本国内の閲覧者数とは比べものにならないでしょう。もちろん収益も人気が出れば日本の何倍にもなります。

日本では収益化が難しいと思われている副業ですが継続すればしっかりと収益化することができます。

ランキング4位 コンサルティング

コンサルティングを副業で行っている人は日本にも多くいますよね。専門分野において相談に乗ったり、アドバイスをしたりする内容の副業です。単価も良く、利益率も抜群に良いので専門的な知識を持っている人はぜひやってみてください。

ランキング5位 ハンドメイド販売

こちらも日本で人気のハンドメイド作品を販売する副業です。アメリカ版のハンドメイド販売サイトもあるので趣味で稼ぐという考え方は同じですね。

ランキング6位 個人ネット通販

日本でも流行ったドロップシッピングがアメリカではランキングに入っています。無在庫で販売代行を行うのがドロップシッピングですが、これを個人の通販サイトで販売するという内容です。

日本では大手通販サイト内に出店・出品するという形のネット販売が副業で人気なのでなかなか個人通販サイトを持つというのは副業ではしない方が多いでしょうね。

他の海外で人気の副業

上記では人気ランキングという形で1位〜6位まで挙げましたが、他にも海外で人気の副業があります。

コーチング

コーチングを副業でやっている、という話は日本ではあまり聞きませんよね。コンサルティングとはまた違った専属パートナーという存在です。ビジネスやライフスタイルにおいての専属の相談役といったところですね。

日本では馴染みのない副業ですが、アメリカでは専門知識を持ったパートナーがいることは当たり前のことだそうです。日本でも人気が出そうな副業ですね。

オンライン講師

インターネットで授業をする副業です。得意なことに関してビデオチャットでやり取りをするスタイルです。海外では教えてもらいたいことがあっても通える距離でなかったり環境が整っていなかったりする人が多いので、オンラインで何かを学ぶためのサービスが充実しています。オンライン講師はココナラでスキルシェアをするのと近いですね。

ペットシッター

海外でもペットを飼う人と共働きをする人の増加でペットシッターの需要が増えています。生き物を預かるので責任は重大ですが、日本でも高齢の飼い主に代わって散歩に行くというサービスもありますし、資格を取ってプロとしてペットシッターをしている人もいます。

配送業

海外では配送範囲が広い分、従業員だけでは配送しきれないことが考えられるため、運転免許を持っていれば商品を配送するという副業ができるということで人気があります。

日本でもよく配送の求人募集を見かけますよね。通販サイトの普及に伴ってこれからも配送の仕事は増えることが考えられますね。

海外のサイトを利用してみよう

もし語学力に自信があるなら、海外で利用されているサイトで副業をするのも良いですよ。国内だけでは数が限られているので海外のサイトを活用することで仕事ができる範囲も広がりますよね。

「Field Agent」「One Space」「Gig Walk」などが挙げられます。ぜひ英語を使うことに抵抗ない方はチェックしてみてください。

まとめ

同じような業種でも日本と海外とでは微妙に違う点があるのは面白いですよね。ちなみに、意外と日本の副業率も約10人に1人は副業をしているところまで成長してきています。聞き慣れない副業に関してはこれから日本でも人気のでる副業かもしれません。

自分に合った副業を見つけるために海外の副業も参考にしてみるのはいかがですか?前もってスキルを身に付ける必要があるなら早めに準備をしておくといいでしょう。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事