海外輸入転売とは?!知っておきたいポイント5選!!

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

海外から商品を輸入して、国内で販売することを輸入転売(輸入ビジネス)と言います。海外から輸入することで日本で販売されている価格よりも安く仕入れられたり、日本にはない商品を入手することができるので、物販ビジネスで輸入は利益を取るために有効な方法です。そこで今回は海外から輸入して転売する際に注意することやコツについてお話しいたします。

ブッパン君
お、今回は海外から輸入して転売する際のポイントに関する内容だな

海外輸入転売のメリット

海外から商品を輸入をする1番のメリットは価格が安いことです。そのため利益を出しやすく、特に中国の商品はかなり原価が安いため「中国輸入」という言葉はもよく耳にすると思います。

また、海外の欲しい商品があるけど個人で買い物をするとなると手間がかかる為、少し高くても購入するという顧客がたくさんいます。一般の人からすると「海外からモノを買う」という行為はハードルが高いので、価格が高くても売れるという形が成り立つわけです。

商品のジャンルを絞り込んだり、オリジナルの商品を売ったりすることでリピーターが増え、継続的な利益に繋げることもできます。ライバルは多いですが、最近ではネットに輸入転売の情報もたくさん出ていて初心者でも始めることが可能ですよ。

海外輸入転売のデメリット

海外輸入転売のデメリットはコミュニケーションを取るのが難しいことですね。中には電話でしか対応していないこともあるので、外国語に抵抗がある方にはハードルが高いように思うかもしれません。

また、国際輸送なので商品が手元に届くまでに時間がかかります。中国であれば1週間程ですが、アメリカやヨーロッパであれば2週間、かなり遅い場合には1ヶ月かかることもあります。

また、中国輸入に関してはメルカリなどで販売している人が増えすぎている傾向があります。最初に仕入れる段階で安いからと言って在庫をかかえすぎると、売れ残りや価格競争によって赤字になるリスクがあります。これには、「テスト的に販売してみる」などの対策が必要です。

海外輸入転売は違法なのか?

「海外輸入転売は違法ではないのか?」と思われがちですが、海外から商品を輸入して国内で販売すること自体は違法ではありません。そういったイメージは輸入禁止の商品を輸入して違法となっていることが一つの原因でしょう。日本では武器関連や薬関連は特別な許可がない限り輸入することができません。国ごとに輸入禁止品目が指定されているので確認してみてくださいね。

そして、嘘の輸入申告をした場合は違法にあたります。ビジネスとなると個人ではなく小口輸入にあたりますので、かかる関税も変わってきます。

輸入転売をする際は輸入禁止となっている品目をしっかり確認し、正しく申告しましょう。

海外輸入転売の流れ

まずは海外から輸入した商品をどこのサイトで販売するかを決めましょう。販売先のサイトと仕入先の登録が必要になります。

登録をしたら売れる商品はどのようなものかをリサーチし、売れやすい価格を設定します。しっかりと利益が出るように、安すぎても高すぎてもだめなので適正価格も併せてリサーチが必要ですよ。

仕入れに関しては有在庫転売にするのか無在庫転売にするのかによって順序は前後しますが、商品を登録して売れたら発送という流れになります。

海外輸入転売の注意点

輸入した商品の検品は必ず行う

海外輸入した際には必ず検品を行うようにしてください。偽物や不良品がないか確認するのは優先事項です。日本国内で仕入れをするのとは違い、輸入品は傷が付いていることなどが多いです。後々クレームが来ることがないように事前にチェックするようにしましょう。

特に、メーカーやブランド品は偽物が多く出回っているので注意が必要です。販売先のサイトで偽物だと確認された場合はアカウントが停止になってしまう恐れがありますので、正規品であることを確認してから出品するようにしてくださいね。

商品代金以外にかかる費用も考慮する

輸入する場合は商品の購入代の他に「関税・消費税・送料」もかかるため、仕入れをする際には考慮してくださいね。後から請求書が来ることが多く、関税・消費税の納付は義務となっているので「こんなに高いなんて知らなかったから払えない」では済まされません。これらも事前にホームページや計算ツールを使用して調べることができるので覚えておきましょう。

仕入れる時期に気を付ける

日本の配送業者と同じように海外でも年末年始や長期休暇の際には混雑による大幅な遅延やそもそも物流が止まってしまうということもあります。有在庫転売であれば前もって仕入れておく、無在庫転売であれば商品到着までに時間がかかることをサイト内に記載しておくと良いでしょう。

商品の販売時期に気を付ける

注意したいのが季節ごとの商品の販売時期です。クリスマスの時期にプールや扇風機を販売しても売れにくいですよね。時期を過ぎてしまえば商品が売れる可能性も低くなります。時期に合わせて早め早めに取り扱う商品、仕入れる商品を管理していきましょう。

まとめ

海外輸入転売は商品数も豊富で安く仕入れられるので利益を出しやすいビジネスではありますが、注意しなければならないポイントもあります。知らないうちに違法行為を行っていたなんてことにならないように、注意するべき点は事前に調べておきましょう。

個人で副業するにはもってこいの輸入転売は、低リスクで始めることができます。上記のことを参考にして、輸入転売を始めようと考えている方はぜひ挑戦してみてくださいね。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事