まだ間に合う?「せどり」で儲けるためには【国内転売】

 

石井
こんにちは、石井道明です!本日は、色々な人が簡単に始められる物販である「せどり」について説明していきますね!

ブッパン君
お、基礎的な話だ

時代の流れによる「せどり」の変化

 

大企業等でも副業解禁が行われ、ネット上にも多くの副業情報が見られるようになりましたね。そんな副業の1つに「せどり」があります。

簡単に言うと「転売」のことですが、元々は「書籍」の転売を指す言葉でした。書店で背表紙を見て、高く転売できる本を探すことから、「背(表紙)どり」と呼ばれるようになったと言われています。

数年前までは、古本屋(実店舗)とネットオークション等に大きな価格差があり、この「せどり」で月に何十万も稼いでいる人もいたようです。しかし、「これは稼げる」と多くの方が参入したことで競争が激化し、古本屋も金額設定にネットオークションサイトの情報を活用し始めたことで「金額差」も小さくなり、現在は大きな利益を出すことは難しくなっていると言われています。

 

せどりで稼げる商品

自分の好きなものを商品に

では、どうすれば「せどり」で稼ぐことができるのでしょうか。

ポイントは、自分自身の好きな物、人より詳しく知っているもの、を商品にすることです。

ネット上での転売がここまで普及している現状で、誰もが簡単に扱える商品で利益を出すことは難しいでしょう。ニッチな分野、少しマニアックな分野の商品こそが狙い目になります。自分が好きなインディーズのアーティストなどのライブのグッズや、自分の好きなインスタグラマーが販売している商品など、「これから人気になるのでは」と思えるものに投資し、商品の価値が上昇した段階で販売するのです。

商品の見極めが少し難しい面もありますが、自身の趣味の延長として行えば、勉強することも苦にならないでしょう。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事