現代の「ネットせどり」はリアルと組み合わせるとより効果的【国内転売】

 

石井
こんにちは、石井道明です!本日は、色々な人が簡単に始められる物販である「せどり」について説明していきますね!

ブッパン君
お、基礎的な話だ

大衆化した「ネットせどり」

 

メルカリやヤフオクの人気が高騰したことにより、一躍大衆化した「ネットせどり」

既存のリサイクルショップよりも、自分の知識次第で「安く買えて」「高く売れる」のが魅力ですね。 しかも、わざわざ自分で仕入れに行かなくても、パソコンやスマートフォンを使えば通勤や仕事の空き時間に作業が行えるので、副業が推奨されたこの時代に、 強力にバックアップされた新たな稼ぎ方として、これからも勢いは止まりそうにありません。

ただ、皆が同じようにネットせどりをやっていれば、 皆の仕入れ方も似通ってくるもの。 ヤフオクなどで最初の出品価格が安くても、入札が殺到し結局高値で購入する羽目になった方も多いんではないでしょうか?

 

「ネットせどり」とリアルを組み合わせる

リサイクルショップに行ってみる

そこで、お勧めしたいのは、今、ちょっと苦戦している既存のリサイクルショップに行ってみることです。

リサイクルショップは買い取り額が厳しく、売ってもあまり利益が出ないイメージがあります。 でも、「買い取り額が安い=販売額も安い」場合もあるのです。 特に、有名ではない作品のグッズなどはネットオークションでは考えられないような安値で売ってることがあります。

あとは、買った時の金額で出品(送料は落札者で)すれば少なくとも損はせず、 高い確率で出品時より大きなプラスが見込めるでしょう。 既存のリサイクルショップもただでは黙っているわけではなく、ネットオークションと連携して商品を販売したり、専門知識のある店員を募集したり反転攻勢を強めていますが、まだまだ時間がかかると思われます。

 

せどりはいつだって冒険です。リスクを覚悟したうえでリターンに大きな期待をせず。少しずつスキルを上げていくのにも、リアル店舗をまわるのはおすすめですよ。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事