今流行りの物販・転売・せどりについて【国内転売】

 

石井
こんにちは、石井道明です!本日は、色々な人が簡単に始められる物販である「せどり」について説明していきますね!

ブッパン君
お、基礎的な話だ

副業として人気のせどり

 

現代はインターネットの発達で会社以外でも副業という形で個人でもビジネスが出来る時代になりました。 副業の中でも最近もっともやりやすく人気があるのがせどり(物販・転売)です。 特に最近ではアマゾンやメルカリで売っている方も多いと思います。

なので今回は何か本業以外に小遣い程度でもいいから欲しいという方に現代の副業としておすすめのせどりにお話ししたいと思います。

 そもそもせどりとは

せどりとはの基本の古書店などで安く売っている本を買い、ほかの古書店などに高く売って利ざやを稼ぐことです。 これはビジネスの基本と言われていて、なおかつ個人で最も始めやすいビジネスと言われています。

昔は店を持たずに各地を回り、自分の知識と目利きを頼りに仕入れた商品を同業者に販売したり、注文を受けた本を探し出して手数料を受け取ったりする(せどり屋)という商売がありましたが、現在では新古書店などでやすく売っている商品や古紙回収で集めた書籍を主にインターネットを利用して販売することを「せどり」と言い、せどりをしている個人や業者を「せどらー」などと呼んでいます。 リサイクル業務の一つに分類できます。

 

 アマゾンせどりとは

安い商品を仕入れる方法として携帯やスマホのバーコードリーダー(アプリ)でアマゾンの買い取り価格をチェックしつつ仕入れる本をチェックすることを「アマゾンせどり」と言います。

本だけに限らず、CD,DVD、ビデオソフト、ゲームソフトなどインターネット上に中古市場の存在する多くの媒体が販売ルートとなっており、「せどり」を指南するウェブサイトやノウハウを売る商売、または専門の塾やセミナー、ツールも存在しています。

 

 

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事