せどり初心者に知っておいてほしいせどりのメリット、デメリット【国内転売】

 

石井
こんにちは、石井道明です!本日は、色々な人が簡単に始められる物販である「せどり」について説明していきますね!

ブッパン君
お、基礎的な話だ

せどりのメリット・デメリット

 

アマゾンのマーケットプレイスやヤフオク、メルカリ、ラクマ、ジモティーなどなど、昨今、個人間で商品を売り買いするツールが多数登場している中、副業としてせどりを考えている方も少なくないと思います。

せどりとは個人レベルでの仕入れを行って、利益を上乗せし転売する商行為を指しますが、近年、様々なツールによって元々古本業界で行われていたせどりが拡大していき、現在ではCDやDVD、ゲーム、おもちゃ、家電製品などにまで及んでいます。

そんなせどりですが、これから初めてみようというせどり初心者の方は、まずそのメリットとデメリットを押さえておく必要があると思います。

 せどりのメリット

まず、最大のメリットは個人レベルでできるということです。

せどりは商品を販売するための店舗を構える必要がなく、自分の目利きによっては非常に少ない費用で多くの利益を得ることができます。また、ネットを中心とした販売網を駆使すればすぐに成果が得られる点も大きなメリットと言えます。

 

 せどりのデメリット

逆にデメリットを上げると、まず考えられるのはすべてを自分で行わなければならない点です。

せどりは問屋やメーカーから商品を仕入れるのとは異なり、すべてを自分の眼と手足を使って仕入れなければいけません。これができなければ利益を上げることはできませんので、最も大きな問題と言えます。

また、ライバルが多いのもデメリットとして挙げられます。ライバルが多ければそれだけ競争となり、それに勝つ必要があります。ライバルに先んじて利益の上げられる商材を見つけ出す目利きが、せどりには必要と言えます。

 

以上、せどりのメリットとデメリットから、せどりに必要なテクニックが見えてくると思います。これから初めてみようという方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事