副業におすすめの資格をご紹介!選ぶ基準とは?

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

副業を始める際に「資格は必要なのか?」「資格がある方が稼げるのか?」など疑問に思うことはありませんか。

そこで今回は副業に資格が必要なのか、資格があると役に立つおすすめの副業についてご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

ブッパン君
お、今回は副業のための資格に関する内容だな

資格を取る目的と基準

結論から言うと、副業に資格は必須ではありません。ただ、資格あるからこそできる副業もあります。

自分にとって資格が必要かどうか悩んでいる方はこの基準を参考に検討してみましょう。

自分の信頼度を上げるための証明

一般的に「資格」=「能力の証明」ですよね。本業では会社という信用される肩書きから自分が特に資格を持っていなくても会社の一員ということでお客様から信頼されていましたが、副業では個人とお客様との取引になります。

基本的には自分の能力を証明できるものがなければ信用を得ることができません。資格を得るということは自分の能力を証明して仕事の受注や販売に繋げることができるのです。

 

副業で力を付けたい

本業と重ねて同業種での資格を取ることで本業にもその能力を活かすことができますし、コロナ渦ということで本業が不安定な人は副業だけでも生活ができるように資格を取得しておくことで独立するという考え方もできます。

会社という保証がなくなってしまっても自分の生活を守ることに役立ちますよ。

 

本業とは違う業種の副業を始めたい

本業とは違う業種を副業で始めたいという場合に、もし経験がなくても資格があれば信頼されやすくなるというメリットがあります。IT関連の副業を始めたいのであれば関連の資格を持っていれば仕事が得られる可能性が高まるでしょう。

違う業種に挑戦したい方は資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

資格を取るメリット

資格を取ることで得られるメリットは、

「スキルアップに繋がり本業にも活かすことができる」

「知識が身につくからできることが増える」

「転職や副業を始めるのに有利になる」

上記が挙げられます。資格を取るために専門的に勉強をするのですから知識を身につけることができますよね。本業に関連する資格であれば、業務に役立たせることができ、社内での評価が上がることや資格取得したことについての資格手当がもらえることもあるでしょうし、本業と違う業種の資格であれば独立などの選択肢が増えるでしょう。

副業をやりたい方は本業から派生した職業などの資格を取るのがおすすめです。やはり自分の得意分野だと思いますし、勉強を始めるにあたっても抵抗がないでしょう。

どの資格を取得すべきか

資格は取りたいけどどの資格を取るべきか迷いますよね。

下記のことを参考に判断してみてください。

興味がある資格を選ぶ

いくら本業や副業に役立つ資格だからといって、全く興味のない資格を取得するのは資格を取るための勉強も苦になりますし、副業として続けていくのが難しくなります。なんとなく興味があるものや、子供の頃にやってみたかった仕事に関する資格を取るのがおすすめです。

本業に関わる資格を選ぶ

興味のある資格を選んだ上で、本業に役立つ資格であるとなお良いです。本業に関連する資格であれば副業で活かすことができなかったとしても、本業でのスキルアップに繋がります。本業に関わる仕事なら興味も持ちやすいですよね。

資格が役立つ副業とは

実際に副業で活かすことができるおすすめの資格をご紹介していきたいと思います。

IT関連

「ITパスポート」IT全般の知識を持っていることを証明できる資格です。プログラミングやセキュリティ、システム設計などが扱われています。問題では基本的な知識を問われるので未経験であってもそこまで難易度が高くなく取得しやすいことからおすすめです。

 

「ネットワークスペシャリスト」ネットワークのプロであることを証明する資格です。取得できる難易度が低い資格となりますが、システムに関する知識が身につきエンジニアを目指す方には役立ちます。

在宅ワーク

「校正技能検定」

校正とは文章の誤字脱字を確認することで、その技術を証明するための資格です。校正して編集ができれば本業での文章チェックにも役立ちますね。

 

「ウェブデザイン技能検定」

ホームページやロゴを作成することができることを証明できる資格です。ウェブデザインやシステムに関する問題がでるので絵やデザインを考えたりするのが好きな方におすすめです。

 

「ウェブライティング技能検定」

ブログやライターといった仕事をするのに役立ちます。文章作成の技術を証明することができる資格で、文章を書くのが好きという方におすすめです。

事務関連

「日商簿記検定」金銭のやり取りを記録して報告書を作成する仕事内容です。3級からありますが、一番上の1級ではかなりの難易度で、簿記の知識だけで言えば税理士に相当する知識を持っていることを証明できます。独立も踏まえて税理士や会計士を目指しているのであれば持っているといいでしょう。

 

「ファイナンシャルプランナー」顧客の経済状況を判断し、ライフプランのアドバイスを行う仕事です。民間資格2つと国家資格の1つの合わせて3種類の資格があり、取得の難易度が違います。事務職を本業でしている方はスキルアップできる資格です。

まとめ

上記に挙げたおすすめの資格はほんの一部です。日本の資格は約1000以上の種類があります。自分の働き方や目的に合った資格を探してスキルアップをしていってください。

資格を取ることで損になることはないので、副業にチャレンジする際に、力になりそうだと思える資格を取得してみましょう。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事