副業を成功させるための売れる中国OEM商品とは

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!副業でより稼げるようになるために、また自分の専業として中国OEM事業を大きく発展させるためにはやはり「売れる商品」を作っていく必要があります。

中国OEM事業で製造できる商品はどういったものがあるのか、

その中で売れる商品はどんな商品なのかなどたくさんの疑問点があるかと思います。

今回は売れる中国OEM商品とはどういうものなのかをメインにお話していきますのでぜひ参考にしてくださいね。

ブッパン君
お、今回は中国OEM事業で売れる商品に関する内容だな

中国OEMではどのような商品を取り扱うのか

中国OEMでは、商品のリサーチ方法として「Amazonのランキング上位の商品(売れる商品)をOEM生産して販売する」というのが多くがやられている方法です。

しかし、結局は多くの人が同じ方法でリサーチしているので、中国OEMする前の価格競争に巻き込まれたり、売れなくて在庫が大量に余る、という結果になってしまうことがあります。
売れる商品を取り扱いたいのに、まさに逆の事態になってしまうことは絶対に避けたいところですよね。

需要と供給の確認をしっかり行う

中国OEMでは需要と供給のバランスに注目することが大切です。

仮にスリッパがランキング上位であったとします。中国輸入で安く仕入れることはできますが、ただこのスリッパに需要があるのか、逆に供給が多すぎて価格競争になってしまうのか、この点に気を付けながら確認していく必要があります。

Amazonで売れる商品にロゴやタグを付けて販売するだけでは売れるようにはなりません。一時的に売れることができたとしてもいずれは価格競争になります。

ランキングを鵜呑みにするだけでは継続的に売れることにはなりませんので、その商品の需要と供給を必ず確認するようにしましょう。

どのくらいライバルがいるかをリサーチする(供給)

供給を確認するのに特に有料のツールなどを使う必要はなく、スリッパに関して様々な媒体で検索すれば調べられます。単純にその商品を検索して、似たような商品が何件ヒットするのかを調べれば良いのです。

どういったスタイルのスリッパかにもよりますが、なんの変哲もないスリッパだとライバル(供給者)がたくさんいます。
ライバルが多いということは単純に価格競争に巻き込まれやすくなりますので、その場合には中国OEMで取り扱うのは考えた方が良いでしょう。

ほとんどの人が需要だけしか考えておらず、見落としがちな供給のチェックですが、これを確認するだけで事前に価格競争や商品が売れないといった問題を避けることができます。

その商品にどのくらい需要があるのか(売れるのか)をリサーチする

供給が少なくて参入するチャンスはあっても需要がないとなると意味がありません。そもそも需要がないから供給も少ないということも考えられますよね。しかし、その逆で供給者が少ないから需要も少ないということも考えられるのです。
そのような状態の商品を見つける事ができたらぜひ挑戦してみてください。

需要も供給と同じく様々な媒体で検索し、ランキングや販売数を確認します。

最終的に需要と供給のバランスを見て、自分の判断でこれに参入するべきと考えられるのならどんどん挑戦するべきです。自分だけが売れる商品・カテゴリを独占できればかなりの売り上げが期待できますよね。そのために日頃からチェックしておく必要があります。

販売中の売れる商品をリサーチする

既に販売している商品の中で売れているものをオリジナル化というパターンもあります。もう売れる実績がある商品を更に良くするというのであれば売れなくて困るということはないですよね。

これは販売中の商品にあるレビューを参考にしてOEM制作をするという方法になります。「このデザインが・・」「他の色が・・」など書かれている場合は良い参考になるので、チェックしてみると良いですね。

もちろん自身の商品のレビューだけでなく、ライバルの取り扱っている売れる商品のレビューも参考になったりします。

中国OEMをやっていそうな出品者や売れる商品を取り扱っている出品者のページを覗いてみてください。色々な角度からどういう商品が求められているのか(売れるのか)を徹底的にリサーチしてみましょう。

中国OEMが難しい商品

中国OEMをやる場合は、検索しづらい商品は避けましょう。
あまり特徴がない商品は検索にかかることもないので上位に表示されることが難しいです。

マイナーすぎる商品だとそもそもの需要も少ないのでチャンスも少ないですよね。
各プラットフォームでどんな商品が売れるのか、人気度なども異なってきますのでECサイトごとにチェックしてみてください。

おすすめのツール

リサーチする上でツールを使うことによってより細かく分析したいという方には「seller sprite(セラースプライト)」がおすすめです。

海外Amazonのリサーチツールですが、日本のAmazonにも対応しています。
購入者のニーズを調べられる、Amazon内で何の検索ワードがよく検索されているのか、ライバルの商品がどのようなワードを使用しているのか、ライバルの商品はどのくらい売れていてどのくらい見られているのか、などツール上で確認することができます。

まずは無料のプランで試してみると良いでしょう。使いやすいと感じれば、機能制限のかからない有料プランに変更しましょう。全部で3つ程プランがあるので気になる方はチェックしてみてください。

まとめ

リサーチをした上で売れるな、と感じる商品があったとしても、コストを抑えられるか、しっかり需要と供給のバランスが取れているかを確認しましょう。
ただランキング上位だからといってOEM生産するのは避けた方が賢明です。

またリサーチをする上で効率よくツールを活用することができれば、中国OEMだけでなく他の海外輸入にも活かすことが出来ます。リサーチは戦略を立てるために必要不可欠と考えていますので、ぜひツールを使いこなして中国OEMに挑戦してみてください。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事