会社員がヤフオクで副業するのはOK?注意ポイントを解説!

 

 石井さん

こんにちは、石井道明です!

生活に余裕が欲しい、将来のことを考えると不安だという会社員(サラリーマン)の方は少なくありませんよね。副業解禁に伴って副業を始めてみたいけど、何に注意すべきなのか不安な点があるかと思います。そこで今回は副業初心者が参入しやすい物販ビジネス、ヤフオク転売での注意すべきポイントについてご紹介いたします。

ブッパン君
お、今回はヤフオク転売での注意すべきポイントに関する内容だな

ヤフオクがおすすめな理由とは!?

物販(転売)で副業を始めてみたい場合は、ヤフオクを利用した物販ビジネスがおすすめです。理由としてはヤフオクではオークション形式のため販売価格は落札したい人によって上がっていきます。他のサイトであれば自身で価格設定を行い、必要であれば値下げ交渉の対応もありますし、「どんなに長く出品していても売れない」というケースもあります。

一方ヤフオクでは「最低でもこの金額で売れてほしい」という金額を設定するだけで、価値がある商品であれば高額になる可能性もありますし、最低価格で落札されたとしても納得できる金額で落札されるのでリスクが少ないのがメリットです。

会社員にはネットオークション(ヤフオク)がピッタリ!

ヤフオクが高く売れやすくておすすめなのは分かったが、なぜ会社員にはネットオークション形式での物販ビジネスが良いのかと思いますよね。

次に会社員の副業にネットオークションがピッタリの理由についてお話しいたします。

売上(現金)が早く得られる

ヤフオクのようなオークションは落札されてから入金までが比較的早いのが特徴です。商品が売れてから売上金の反映が早いので現金化(キャッシュ化)に困らないのが良いところですね。

もし副業で稼ぐためにユーチューバーやブロガーを目指したり、クラウドソーシングで単価の高い案件を引き受けられるようになるまでには1年以上かかる場合もあります。そう考えると速やかに売上(現金)を得られるオークションは副業に最適でしょう。

時間がなくてもやりやすい

会社員が副業に充てられる時間は限られています。短い時間でもしっかり売上を立てることができ、かつ継続的に行うことを重視しなければなりません。難しい作業を毎日続けるのは大変なことです。

オークションは出品して落札するというわかり安い仕組みのため理解しやすく気軽に行える副業です。

わかりやすい仕組み

ネットオークションは身の回りにあるものや安く仕入れたものを最低限の安い価格で出品します。その際に得た差額が利益となります。初心者でも参加しやすいようにヤフオクでも簡単にできますよ。

副業するために難しい勉強をして仕入れるためのノウハウを学んでから始めないとできないジャンルとは異なり、すぐに行うことが可能です。もちろん高く売るためのコツなどは経験者からノウハウを学ぶ必要はありますから副業に慣れてきて、資金が集まったらさらに稼げるように自分に投資をするのもいいでしょう。

自宅でできる

会社員の方が副業を行う場合、家でできることが重要なポイントになってきます。「休日は家で過ごしたい」と思う方も多いでしょうし、家族の手前休みの日に外で副業をするのは難しい方も多いでしょう。

わざわざどこかに行かなくても良く、誰かに手伝ってもらわないとできない仕事でもないので、自宅で可能なときに1人で気楽に作業することができます。自分のペースで自宅で空いた時間にできるのはかなり魅力的です。

ヤフオクの始め方は!?

ヤフオクの利用の流れとしては、まずはヤフオクのサイトで会員登録を行います。

ヤフオクでは無料会員と有料会員があります。

落札システム利用料が落札価格の10%かかりますが、出品も落札も無料で行えます。

「プレミアム会員」という有料会員の場合は、特典として落札システム利用料が8.8%になります。また、出品の際に便利な機能が使えるようになるので必要に応じて有料会員に入るといいでしょう。最初は無料でも問題ありません。

 

会員登録ができれば、出品する商品を用意します。その商品の状態がわかるように撮影を行い、出品ページにて画像と商品説明文を入力すれば出品は完了です。

その後商品が落札されれば、商品を梱包して落札者に発送し、ヤフオクから入金されるという流れになります。

会社員のヤフオク物販ビジネスはOK?

会社員が副業を始める際に気をつけることは「就業規則」と「確定申告」です。

副業が許可されていても、事業内容の関係でできる副業の範囲が決められているかもしれません。まずは就業規則を確認してみましょう。もしも副業の内容が決まっていて、当てはまるのか分からない場合は詳しい担当の人に聞くのがいいですよ。あいまいなまま自己判断で副業を始めるのは後々トラブルになるかもしれないので必ず会社に確認することをおすすめします。

そして、会社員が副業をする場合、年間20万円を超える所得がある場合には確定申告を行わなければなりません。

 

確定申告は会社で行ってくれるものなので理解していない人が多いのですが、忘れずに行う必要がありますので覚えておくようにしましょう。

まとめ

会社勤めだけでは収入が足りないが、副業のためにどこかで働くための時間や労力はないという方は、ヤフオクで物販ビジネスを始めることを考えてみてはいかがでしょうか。

スマホやインターネットがあれば始められるビジネスなのでおすすめですよ。限られた時間で効率良く稼ぐためにぜひ参考にしてみてください。

Twitterでフォローしよう

ピックアップ記事